フリーターは資格をとって就職に有利にする

現在フリーターでそろそろ就職しようかなと考えている方に、就職するにあたってこれはしておいたほうが良い!ということをいくつかご紹介したいと思います。資格を取るために勉強する時間は必要ありませんのでご安心ください。〜自分を見つめ直そう〜就職するにあたって一番大事な事は自分を見つめ直ししっかりと自己分析することです。自分はどういう人間で何が好きなのか、どういう事に興味があり今まで懸命に取り組んできたとこはなにかなど、思い返すことで仕事を選ぶ際にある程度したい仕事が見えてきます。また、就職する際には他人に自分を知ってもらう為の話をしなければならないことが多いのであらかじめ自己分析をしておくことで整理された言葉で相手に伝える事ができます。自己分析をする際に注意していただきたいことは、あまりマイナスなことばかり考えないようにしてください。短所でも考えようによれば長所にもなるような言い換えをした方が良いです。例えば頑固が短所だと思う方は周りに流される事なく芯が強いと言い換えればプラスに捉えられるようになります。〜面接の対策〜苦手な人も多い面接ですが事前にイメージトレーニングをしてしっかり予習したうえで挑むと案外緊張しないものです。どんな会社に面接に行っても必ず聞かれることは「志望動機」です。バイトの面接とちがうことは志望動機が単純だとその時点で入社意欲がないと判断され落とされる可能性が高いというということです。入社したいと熱い思いを伝えるためには事前に面接先の会社をよく調べ志望企業の経営理念や強み、企業経歴を把握します。そうすると企業がどういう人材を求めているのかわかるので自分と結びつけて考えていきす。ある企業の例ですが「おもてなしの心と、最高のサービスと商品の提供により、お客様の満足と幸福に貢献する」という企業理念を掲げている場合自分が飲食店でアルバイトをしていたので共感できると結びつけていきます。こうした下調べをしておくことで企業側はあなたの入社意欲を評価してくれます。〜意外に役立つ資格〜実際私が経験したことで企業からの高く評価された資格をご紹介します。それは「心理カウンセラー3級」です。実際とっている方は分かりますが実はこの資格は3級であれば勉強せず色んな地域で開かれるセミナーを一度聞くだけで取得できるのです。講義内容は人間の心理とはどういうものかという基礎的なことなのですが心理学の資格をもっているということは特に販売業や営業の職業からすればかなり強みになる資格で面接の際も評価されることが多かったです。就職というのは人生の分岐点でこれからの人生を大きく変えるものです。後悔しないために自分がいきたいと思う企業に入社できるようこの瞬間から正社員になるための準備をしていってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です