面接や試験で必要なこと

フリーターがバイトを辞めて就職する際に必要なことは、まずはSPIの一般常識問題を勉強することです。どの企業でも勉強しておいて無駄にはならないSPIの試験。たとえ試験に出なくても、社会人として必要な基本的な問題ばかりです。本屋にいけば、SPI試験用の参考書がたくさん出ています。新卒入社なら一般問題がまだ頭に残っているかもしれませんが、一度フリーターをした人たちにとっては、この一般常識問題がいがいと抜けていたりします。市販の参考書を解くだけでも、テスト慣れもし、頭の中が就職試験に切り替わっていきますので、まずは、SPIの勉強をするとよいでしょう。ここで点数を取れなくても心配はいりません。まずは問題集を端から端まで解いて、目を通すことが大事です。試験慣れする頭に整えていきましょう。一日1,2ページずつでも構いませんので、就職試験までの期間を有効的に、本番までには参考書を見終えるようなペース配分で、進めていきましょう。早く始めるに越したことはないので、就職を視野に入れ始めた時に、SPIの勉強を始めるとよいでしょう。バイトの合間、休憩時間などにも目を通すことはいくらでもできます。やればやるほど、本番でいい結果がでることでしょう。あとは、就職試験に必要な、履歴書、職務経歴書、自己啓発文などを用意しておくとよいでしょう。就職する際に企業側にとってまず目を通す、応募者からの履歴書、職務経歴書は、その人の顔といってもいいぐらい重要なものになります。半分以上はこちらの書類が重要になるといっても過言ではありません。書き方ひとつで合否が決まることもあります。最近では、ネットでも履歴書の書き方等が掲載されていますし、本などでも模範となる書き方例がいくつも出ています。まずは自分の書きたい点を絞り、書き方の例などに紹介されているものを参考の上、本番用の書き方を決めるとよいでしょう。履歴書や職務経歴書はアピールの場です。書いてはいけないということはありませんので、控えめになることはなく、過去にこれだけのことをやったという自分のがんばった点をしっかりと書ける準備をしておきましょう。こういった就職にむけての準備期間が、自分自身を振り返り、見つめ、いい機会にもなりますので、自分自身のことを、自分の言葉できちんと表現しておけるようにしておくとよいでしょう。書面にすることによって、当日の面接での受け答えの練習にもつながるので、就職を考え始めたころから、準備しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です